泊ケ内地区01
臼杵市の外れの港町
泊ケ内地区

主に漁業を生業にしている人が多く、太刀魚(たちうお)漁が盛んで、臼杵内で近年“たち巻”や“たち重”として親しまれる魚となっている。
小さな集落でのんびりとした空気が流れており、まさに≪臼杵時間≫を体感するのには最適な場所。
小さな路地が多いので、散歩していると人々の生活を垣間見ることができます。

場所名 泊ケ内地区
住所 臼杵市深江泊ケ内
だいたいの行き方 臼杵市中心部より海沿いの道を津久見方面へ。半島の突端近くに集落が現れます。
※詳しくはお近くの臼杵人までどうぞ