szFdWxhvUv3rb1E1qaDVlas7G0zSF6m7wF79nWlyb20
まるでかぐや姫の世界
金明孟宗竹

大分県指定天然記念物となっている野津町岩瀬地区に自生している金明孟宗竹。金明孟宗竹とは竹や葉に条線が入っている特殊な竹。条線の入り方により「キンメイチク型」「縦縞型」の2種類がありますが、1か所で2種類が見られるのはとても珍しく、学術的にも価値が高いと言われています。

竹の陰からかぐや姫が現れてきそうな雰囲気。地区の方々に大切に守り育てられていて、整備された竹林に入るとなんだか違う世界に迷い込んだ錯覚に陥ります。おすすめの時期は新竹が成長している春先。出てきたばかりのとても色鮮やかな金明孟宗竹を見ることができます。その名の通り、本当に明るく輝いていますよ。

金明孟宗竹入口の高台からの風景もぜひご覧ください。目の前が開けた農村風景と吹き抜ける心地よい風を感じることができます。

場所名 金明孟宗竹
住所 大分県臼杵市野津町大字王子1210(岩瀬地区)
だいたいの行き方 野津町中心部から商店街を抜けて田野地区方面へ
直売所「いのこ」のある交差点を右折し、道なりに進むと坂を下ったあたりで左手に看板が見えてくる