臼杵仏舎利塔
臼杵を見下ろす高台
臼杵仏舎利塔

臼杵市の諏訪山にある仏舎利塔。仏舎利塔とは、お釈迦様の御真骨をお祀りする塔のことで、日本の歴史において仏舎利が尊崇された時代すなわち聖徳太子から始まった飛鳥朝、奈良朝、平安朝時代が最も文化が栄え、社会も平和であった。日本山妙法寺山主の藤井日達猊下は終戦後、日本の歴史の歴史を再検討して、平和国家建設の指針として日本全国、世界中に仏舎利塔建立を発願した。この仏舎利塔もその一つである。昭和49年4月8日に落慶大法要が行われた。それ以来、市民の平和への祈りの場として、また心の安らぎの場として親しまれてきた。

諏訪山の標高は191メートルで、手軽に登れて眺めもいいので、地元の人のウォーキングコースになっている。

場所名 臼杵仏舎利塔
住所 大分県臼杵市諏訪